人気ブログランキング |

アオバズク

平地から低山地にかけての森林や農耕地に生息し、越冬地ではマングローブ林などでも見られる。群れは形成せず単独もしくはペアで生活する。夜行性で、昼間は樹上で休む。

食性は動物食で、昆虫類、両生類、爬虫類、小型の鳥類、小型哺乳類などを食べる。

繁殖形態は卵生。樹洞(時には庭石の間や巣箱)に巣を作り、1回に2-5個の卵を産む。抱卵はメスのみが行い、オスは見張りをしたりメスに獲物を運んだりする。抱卵期間は約25日、巣立ちまでの日数は約28日。雛は巣立ち後、徐々に営巣木から周辺の林へ移動する。


今日6日は鳥友さんの案内でアオバズクの撮影に同行させてもらいました。
着いたらお父さんアオバズクは山に餌探しと言うことで、お母さんアオバズクと子供が2羽いました。
もう山に帰るのも時間の問題でしょう。
初見で初撮りでした。
f0215767_21465199.jpg
f0215767_214739.jpg
f0215767_21471378.jpg
f0215767_21484792.jpg
f0215767_22112959.jpg
ウインクしてくれました。
by jpjpjpgensan | 2010-08-06 21:50 | アオバズク | Comments(4)
Commented by N-styel at 2010-08-06 22:47
うららさん、すごいです!!!!
あおばずくっていうんですかァ~~初めて知りました。(';')
あのォ~~梟とみみずくってどこがどう違うのでしょうか???
ごめんなさい…わからないので、教えていただけたら嬉しいです…♡

それにしてもあの瞳…
2枚目のお写真は怖い先生に叱られてる気分になっちゃいます…(>_<)
吸い込まれそうな瞳ですね…睨めっこみたい…(^^)
ウィンク(^_-)-☆もとっても上手です♪♪
Commented by マッシー at 2010-08-07 03:26 x
アオバズクの初撮りおめでとうございます。
大きなまん丸の眼をしていてとても可愛いですね。
それにしてもシャープ写っていますね。流石!!
Commented by jpjpjpgensan at 2010-08-07 08:54
Naoさん おはようございます。

耳のように見えるものを羽角(うかく)というそうです、羽角のない種をフクロウ、羽角のある種をミミズクと呼んでいるそうです。

アオバズクはフクロウ科の鳥で和名は、野山に青葉が茂るころに渡ってきて鳴き出すフクロウを意味するからアオバズクって云うのでしょうね。日本では夏鳥で子育てして子供が大きくなって秋ぐらいに東南アジア方面に帰るそうです。
神社やお寺の大木の穴に営巣します。
無事に帰ってくれる事を祈ります・・・
Commented by jpjpjpgensan at 2010-08-07 09:00
マッシーさんおはよう~
空抜けしてフラットな画像でした見られるところまで処理しました。
それにしても首がムチウチ症になりましたよ。
<< ぶらぶらと 逆光のセキレイ >>