ボーグAF キャノン35-80USM ベース改造

2011.5.3
昨日、今日と黄砂が酷く近くでも霞んで見えます。

ボーグ好きな方も沢山訪問して下さってますので、
今日はボーグAFキャノン35-80USMベース改造の分解方法を貼りますので
興味ない方はスルーしてね。!
f0215767_1715742.jpg
3箇所ネジを外して逆さまにしたら対物レンズが抜け落ちます。(ネジを失くさないように)

f0215767_17173297.jpg
左側の対物レンズの外枠にあるフィルーター枠52ミリは使用します。

f0215767_17193940.jpg
パッチン止です。


f0215767_1721831.jpg
こじたら簡単に外れます。

f0215767_17254942.jpg
ゴムベルトの下にネジ3ヶ所外します。(ネジ失くさないように)

f0215767_1727168.jpg
3箇所スペーサ&ネジ外したらそっと引き離します。
ネジを外す前に組み立てる時に元の位置を確認するためにズーム位置と
ピント位置に目印としてキズを付けていた方が後でやりやすいです。

f0215767_17294753.jpg
要らない部品を外します。

f0215767_1732060.jpg
ここのハンダ付け部分は「牛久市身近な自然」さんのを参考にさせてもらいました。
接触させるためにハンダ付けしたらズーム比がF4.0で固定されます。
この段階で私は内面反射を抑えるために黒のつや消しで、
ギヤ目にかからぬように軽くスプレーしました。

f0215767_17361735.jpg
このステーは私は要らないのでゴミ箱ポイです。無い方が組み立てやすいです。

f0215767_17393831.jpg
レンズが抜けた状態です。組み立てる時に強度を増すためにピンク印のところを
エポキシ系で接着してからネジ留めです。

f0215767_17421060.jpg
フィルター枠を作るためにカッターで根気よく切り抜くか又は
55-52のダウンリングがピッタリだったので接着して固定しました。
ここにAC№3を付けるかボーグ45EDⅡの対物レンズ装備するかです。
高価ですが45EDⅡの方が解像がさらにいいです。

f0215767_17474770.jpg
接続方法はいろいろあると思いますが私は80φL50mm鏡筒の中に光軸に
注意しながら埋め込み接着しました。
全体の接続写真はコチラです。
ボーグ45EDⅡの対物レンズをAFレンズとして使ってみたら
より解像がよくなって焦点距離、質感も私としては満足しています。
by jpjpjpgensan | 2011-05-03 17:57 | 私のボーグ改造機材 | Comments(2)
Commented by KLX at 2011-05-04 14:48 x
 おっと・・・
改造ものだ・・
こんなに綺麗で判りやすい所は無いかもしれないですね。
一枚一枚の写真が商品撮影のよう・・・(笑)
 家にも一杯「ジャンクもどき」が存在します・・・・。
プラナーとか・・・・
Commented by jpjpjpgensan at 2011-05-04 17:27
KLXさん 今晩は
プラナーと言えばレンズの名機カールツァイスですよね。
私もKLXさんの影響受けて昆虫の拡大出来る自作レンズほしいですね。何時かいろいろ作ってみたいと思っています。
気候もよくなりバイクも風が気持ちよくなりましたね!
<< ホオジロ 夫婦で子育てか? 新緑の中で >>